読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュヴァルツスマーケン 感想

f:id:me-ko1150:20160519135844j:plain
おもぉい!あつぅい!といった感じのアニメでした。えーこれが糞アニメとかないわーまじないわーめっちゃ作画も仕事してるし話もしっかり作られてるわーいいわー

このシュヴァルツスマーケンってのは『マブラヴ』シリーズの一つで位置づけでいうと『フェイトゼロ』みたいなもんらしい。すべての物語のはじまりっつーかそんな感じの。
このほかに『トータルイクリプス』ってのがシリーズの中では過去に放送されてたみたいでネットでの略称は「TE」がよく見られるかな。

登場人物多いから結構サラッとした感じにしようと思います。ではでは

あらすじ・登場人物

1983年のヨーロッパ。第二次世界大戦後ドイツは東と西の二つに分断され両国軍は敵対関係にあった。1967年に地球外起源種(BETA)の出現以降、世界各地で人類の生存をかけた戦いが繰り広げられていた。その最前線にいるのがドイツ民主共和国、「東ドイツ」であった。BETAの侵攻により窮地にたたされた東ドイツは国家保安省(シュタージ)による国民の監視体制を布き、戦力維持をはかった。人々は国家からの恐怖により親が子を、子が親を密告する異常な社会が誕生した。人を疑うことしかできないこの世の中では粛清と服従の二択しかなかった。
東ドイツ陸軍に所属する戦術機部隊『第666戦術機中隊"黒の宣告"(シュヴァルツェスマーケン)』は、東ドイツ軍最多のBETA撃墜数を誇っていることから、東ドイツ最強の戦術機中隊と謳われていた。ある日救援任務を受けた666中隊は西ドイツの少女を救出するが――。

テオドール・エーベルバッハ

f:id:me-ko1150:20160607232737p:plain
本作の主人公で過去に一家で亡命を試みた際にシュタージに捕まり拷問を受けたことがトラウマで人を信じられず心を閉ざしていた。
カティアやアイリスと関わっていくことで次第に変わっていく。

アイリスディーナ・ベルンハルト

f:id:me-ko1150:20160607232857p:plain
「実の兄を国家保安省に密告して現在の地位を得た」という黒い噂が囁かれているが666中隊では欠かせない人物。
グレーテルの命令を無視して独断で現場への指揮をとることがあるがそれは考えあってのこと。部下思いで情に厚い一面もあるのでグレーテルからは「黒い噂」通りの人物ではないのかもしれないと思われている。

グレーテル・イェッケルン

f:id:me-ko1150:20160607232919p:plain
政治将校でエリート。後半ではツンデレな一面も見せる。衛士としての実力は低いが出世欲が強いため政党の意向を組んだ指揮をとる。
そのためアイリスの現場での判断と食い違うことが多い。

アネット・ホーゼンフェルト

f:id:me-ko1150:20160607233308p:plain
明るく人懐っこい性格だが戦友を立て続けに失ったショックで戦争神経症にかかっている。そのため戦闘では勝手な行動をとることがあり、作戦から外されることも多い。実力はあるが戦友の危機をみると見境なく動いてしまうのが難点である。

カティア・ヴァルトハイム

f:id:me-ko1150:20160607233319p:plain
西ドイツ軍の衛士だったが、自分の父親の真実を知る為に666中隊へ志願する。テオドールに止められたが和解し、協力関係となる。
周りの空気を読まないタイプなので東西ドイツの融和など、東ドイツの体制に反発する言動が口を衝いて出る事が多く、中隊の立場やテオドールを危うくさせることもある。

リィズ・ホーエンシュタイン

f:id:me-ko1150:20160607233330p:plain
テオドールの義妹でシュタージの手先。スパイとして中隊に入るがそれはテオドールを救おうとしての事。お兄ちゃん子でヤンデレっ子。

ベアトリクス・ブレーメ

f:id:me-ko1150:20160607233339p:plain
アイリスディーナとは士官学校時代の顔なじみで攻撃的な性格。アイリスと考えが真っ向から違うため敵対視している一面がある。

感想

まぁ面白かったよね~ OPもfripSideで高まり系の曲だったし良かったわ。
www.youtube.com
PCゲームのOPもfripSideだったんだなるほどね、と。
www.youtube.com
個人的にはやっぱ10話が熱かったわ。リィズ回ね!
『だって…俺は…俺はお前の…お兄ちゃんなんだから…』
f:id:me-ko1150:20160608001214j:plain
これ原作だともっとつらい展開でリィズが処刑台立たされたりうんたらかんたらするらしいよ。さすが18禁ゲームですわ。

そういやこれかなり作画の人が仕事してたアニメらしいね。ニコニコの解説動画でそう言ってたよ
www.nicovideo.jp
f:id:me-ko1150:20160608001750j:plain
ここのアネットの長刀が町にぶっ刺さって長刀を引き抜こうとするんだけどその時の動作が「重心移動」する難しい演技だからアニメでの表現が中々大変なんだってさ。
f:id:me-ko1150:20160608001818j:plain
グレーテルが来た時に慌てて抜いたから土煙が出ちゃったみたいなところとか細かい仕事してるなって話らしい。
f:id:me-ko1150:20160608002050j:plain
あとこのメインカメラがやられてリィズが目を抑えるシーン、網膜投影だから目を抑えるっていう動作だからしっかりかんがえられてるよねとうんたらかんたら。参考になったよね。
でもドイツ語がわかる人からするとおかしいと思えるらしくて
シュヴァルツェスマーケンはいろいろひどい
まずタイトルからして文法がめちゃくちゃでアイリスディーナという名前もドイツ読みではそんな奴いないとかなんたらかんたら
すげー考えられてるけど私はここまでの知識がない、ので。
もうなんかドイツ語って横文字カタカナの単語でかっけぇじゃん?それだけでもう面白いみたいなところがあるよねって見方の人間だからこういう考え方もあるんだなるほどって思ったよ。
海外の国や史実をもとにして作るとこういう難しさもあるし「調べる」努力がより必要になるよね。あと日本人でてこないのもあんまり受けが良くなかったのかな。
進撃の巨人は日本人のミカサツエーじゃん。そういう「ウケ」ってのも大事なのかなと思ってみたり。
息の長い作品だから他シリーズでのアニメ化も期待。ではでは