読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想

f:id:me-ko1150:20160424163741j:plain
内容の濃いアニメなのでとても見ごたえがありました。こりゃ人気でますわ。
以下あらすじ人物等まとめてますどうぞ~

あらすじ

地球圏全体を巻き込む大戦争「厄祭戦(やくさいせん)」が終結してから約300年後の世界。
新たに4つの経済圏が誕生した地球圏は軍事を司る武力組織「ギャラルホルン」の監視の下で平和を保っていた。しかし、地球圏重視の政策は貧困という形で火星を始めとした圏外圏に降りかかり、主人公の三日月・オーガスを始めとする非正規の少年兵や人身売買される孤児「ヒューマンデブリ」などの社会問題を生み出していた。
そんな中、三日月が所属する民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(以下CGS)」は、火星の独立運動を指揮する少女クーデリア・藍那・バーンスタインの依頼で、彼女を地球圏まで護衛することになる。しかしその準備の最中、CGSはクーデリアの存在を疎むギャラルホルンの攻撃を受け、社長のマルバ・アーケイや主力部隊(一軍)の大人たちは、事態の処理を少年兵で構成される非正規部隊「参番組」に押し付けて逃亡する。この危機に対し、参番組隊長のオルガ・イツカは、CGSに保管されていた厄祭戦時代のモビルスーツ(MS)「ガンダム・バルバトス」を三日月に託し、ギャラルホルンの撃退に成功する。戦闘後、オルガは仲間の同意を得て傍若無人に振る舞うCGSの大人たちに対しクーデターを決行。組織の名を「鉄華団」と改め、クーデリアの護衛任務を続行する。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ - Wikipedia

とウィキには書いてますね。要するに火星で酷い目に遭ってる子供たちが反旗を翻して自らの力で進んでいくという話です、うん。
難しい設定はいいんです、要するにこんな話なのねと思えば!!

人物

f:id:me-ko1150:20160424144926j:plain
CGSで働いている。厄祭戦時代の遺物と言われ、忌むべき存在ともいわれている阿頼耶識システムの手術に三回も成功しており、超人的な力を持っている。
f:id:me-ko1150:20160424144942j:plain
鉄華団の団長。少年たちをけん引するリーダーシップは目を見張るものがあるが無茶をしすぎる一面も
f:id:me-ko1150:20160424145242j:plain
鉄華団の参謀的存在。家族思いで穏やかな性格。「ふっ、はっ、大丈夫。なにがあっても、僕たちはオルガを信じてついていくから」
f:id:me-ko1150:20160424145612j:plain
火星独立運動の中心人物。自分の無力さを嘆く一面がよく見られる。
f:id:me-ko1150:20160424145820j:plain
鉄華団の炊事係。芯が強く仲間思い。

以下ネタバレ込の感想になりますのでご注意を。



いやぁ~見ごたえのあるアニメでした。これも面白かったな。
個人的な名シーンといえばやっぱりこれ
f:id:me-ko1150:20160424163145j:plain
13話のキスシーンはふあぁぁああぁとなりましたね。このために名瀬のシーンを入れたのかと思うとなるほどな、と(ちょっと無理やり感あったけど)
f:id:me-ko1150:20160424141852j:plainこの時とかなにか言いかけてたよね。
それをやめて笑う→たぶん突き放そうとするのをやめたのかな。で、クーデリアの好意を受け入れたと。
f:id:me-ko1150:20160424142148j:plain
この後「こ、これはフミタンが小さい子供にやっていて」のシーンがくるんですねわかります。
う~んいい回でした。

そしてなによりアトラとクーデリアの三角関係気になるぅ~。(というか最近三角関係アニメ多すぎる)
f:id:me-ko1150:20160424150835j:plain
この後二人でわんわん泣くシーンなんだけど個人的にはぐっとこなかった。なんかメス臭くて。。。
私が涙したのはここですかね
f:id:me-ko1150:20160424151218j:plain
ふ、ふみたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん 泣けるわ~このフミタンの死によって革命の乙女として願い託されてクーデリアは目覚めるしね。いいよ~この流れすごくいいよ~
16話の脚本は「大西信介」さんで『ザ・サード蒼い瞳の少女』や『アルドノア・ゼロ』の脚本も手掛けていたそうですね。

個人的にガンダム死なせ方が上手いところが好きですね。
○○があって△△となる。△△によって○○は××する。って感じにちゃんと筋道が通っているんですね。
具体的に言うとこのキャラはこういう過去があってこうなってるよ!でもこういう理由があるからこの子はいなくなるよ!みたいな。。わかりづらくてすみません。
他のアニメで取り上げると『魔法少女まどか☆マギカ』のマミるシーンとかすごいですよね。
あの1、2話で巴マミという人物を構成して一番ショッキングなシーンをつくった。「魔法少女は死なない」というタブーを破った名シーンだと思います。
あのシーンがあるまではありきたりな魔法少女だよね~という評判だったのが一気に変わりましたよね。。という話はここまでにして。

なんか最近とりあえず鬱展開にしとけみたいなアニメが量産されていていきなりキャラが死ぬってことが多くて。
私はこういう背景があってこのキャラは、、って作りこみが必要だと思うんですよ。なのにそういうキャラの作りこみもしないで死なせるっていうのはどうかなって思うんです。その点ガンダムはすごいなぁと思います。(嗚呼ビスケット...)

更に注目するのは技術。
ミノフスキー粒子」とか「ビームサーベル」とかそういう技術の一つ一つをシリーズに合わせてカスタマイズしてるんですね。
そうか、これがCAPCOMか。一つのアイデアを時代に合わせて昇華させていく。本当にすごいなぁと思います。
ガンダムは「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダムII・哀戦士編」 「機動戦士ガンダムIII・めぐりあい宇宙編」「機動戦士ガンダムUC」を視聴しています。Zとかもみていきたいなぁ。

あぁ、あと鉄血のオルフェンズで今回注目されるべきは「阿頼耶識システム」ですよね。
ファースト時代の「ニュータイプ」を人為的につくるシステムですかなるほどね。
wikiではMSの性能を限界まで発揮させるために開発されたもので強化人間をつくるシステムと説明がされてますね。

推察

さて、今回黒幕となったシャア的存在マクギリスさん
f:id:me-ko1150:20160424154927j:plain
この人がやりたかったのはなんだろう?まず①ギャラルホルンの実権を握るは達成しましたよね。(ガエリオとカルタは死んだし)
そしてギャラルホルンの歪みを明らかにし「人間に機械をいれるのは非人道的であり自然に生きるべき」という教えを覆した。
これによってギャラルホルン阿頼耶識システム開発はさらに進んでいくんじゃないかな。
その後なにがやりたいかは続編に任せるとしましょうか。 それとこれからの話がどうなっていくかっていうのは
ギャラルホルンという監視がなくなったので新勢力が増大。4大勢力(厄祭戦終結後に地球の国家群が統合されて出来た4つの経済圏)の争いが激化する
②新キャラの登場。ポジションでいうとララァ・スンみたいな女キャラがでるのでは?
③クーデリアかアトラ、どっちか死ぬ? ③の推察については以下参照↓

私が着目したのは25話のf:id:me-ko1150:20160424161242j:plain
f:id:me-ko1150:20160424161255j:plainというこちらのシーンですね。
この後それを見たクーデリアが泣きそうになってるのを

「泣くなよ。この手じゃもう慰めたりできないから」

と言ってるあたりが匂うなと。片腕・片手がなくなった→どちらか抱えられるのは一人 の暗示かなと
そしてうわぁぁぁぁとコメが集中しそうな手ごろなヒロインといえば・・・
f:id:me-ko1150:20160424161946j:plain
う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

まぁそうならないといいんですけどね。あくまで予想なので。
続編は2016年秋とのことなので今から楽しみです。それではこの辺で。